ADLER SOLAR WORKS
ADLER SOLAR WORKS

SDGs-2

SDGs-2

アドラーソーラーワークスは、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。


SDGs(持続可能な開発目標)とは
2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ(課題)」が採択されました。

このアジェンダ(課題)の中で、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標が揚げられ、これが17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

アドラーソーラーワークスのSDGs(持続可能な開発目標)への取組み
アドラーソーラーワークスは、気温変動や生物多種多様性が失われつつある現状に歯止めをかけ、SDGs達成に向け、持続可能な開発目標として、7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」、13「気候変動に具体的な対策を」において、「SDGs達成に貢献することをコミットする会社」であると宣言します。」

再生可能エネルギーの持続的な普及に貢献をします。


 

 

 

7.「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」13.「気候変動に具体的な対策を」の実践として、再生可能エネルギーの拡大を目指し、全国各地での太陽光発電の管理を2020年度(7期)における管理目標400MWを掲げます。

300MW発電所における年間の発電量を300,000,000kWhとすると、一般家庭の平均設置容量4kW、年間発電量を4,000kWhとすると、300,000世帯分に相当します。また年間のCO2削減量はおよそ151,350,000,000g-CO2/kWh となります。(計算式:30,000,000kWh×504.5g-CO2/kWh=20,180,000,000g-CO2/kWh )
(結晶系シリコン型太陽光発電システムのCO2s削減効果は、504.5g-CO2/kWh

ヒノキの木に置き換えると、1本あたりの杉の年間CO2吸収量は14kgであり、杉の木約108,107,138本分のCO2削減に相当します。

また太陽光発電システムの石油削減量は1kWあたり0.227リットルとなるので、年間300,000,000kWh発電量だった場合は、年間削減量300,000,000kWh×0.227L=68,100,000リットルの削減(18リットルのポリタンクは、3,783,333本分の削減をおこないます。


アドラーソーラーワークスの本社、北関東SOC(Sales&Operation Center)、姫路SOCの年間の電力使用量の合計は、28万kWh程度となり、これは、およそ300 kWの太陽光発電所に相当する電力使用量です。加え、車によるCO2排出にも考慮し、2020年度(7期)の終了(2021年5月末日)までに、アドラーソーラーワークスは全ての事業用のエネルギーを再生可能エネルギーに変えることを目標として掲げます。

太陽光発電を設置し自家消費することで、再生可能エネルギー由来の電力を使用することができ、CO2の削減ができます。また太陽光発電の電気を再エネ特定卸で調達し、神奈川県の企業で使うことで、神奈川県全体の脱炭素化につながると考えています。